2015年02月14日

ジライヤ by キヨシローさん

ジライヤ  ~ 今回は曲名

イマジン和訳もいいんですが、この曲の歌詞もすごいです。

ジライヤ 詞・忌野清志郎  曲・藤沼伸一


そのまま載せちゃダメだと思うので、どっかで捜して聞いて下さい。
イマワノさん流複雑系歌詞。

多少の犠牲はやむをえないが
俺は犠牲者にはなりたくない

間違って殺されたあの子はまだ恋も知らない


4分20秒程の短い曲です。


2002年頃の曲です。
国連軍などによるその頃のバルカン半島や中東紛争への軍事介入とハイテクを使った空爆を批判しているのはもとより、
自分も含めほぼ世界中の安全な場所に身を置いている人の無力さと無自覚さを揶揄してるようにも取れるし、
何かやれねえか?って言ってるようにも思えます。

曲名のジライヤという音は、詞の中では、「地雷やミサイル」という箇所に使われています。

片仮名で書かれているのは、『世界忍者戦ジライヤ』という1980年代のテレビ番組にちなんでるのでしょうか?
私は見ていないのでなんとも言えませんが、ウィキペディアがあります。DVD出てたら観たいな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%BF%8D%E8%80%85%E6%88%A6%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4


藤沼伸一さんの「Are You Jap?!」 KING RECORDS 2002年 に収録されています。 
柴山俊之さん(菊)や 町田康さん、泉谷しげるさんなどと一緒に作った曲を10曲集めたCDです。
DJ KRUSHさんや DJ HIDEさんなども参加しています。
たぶん中古でなら入手可能かと思われます。

IMG_7928 (450x191).jpg
posted by cherryco at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード CD | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

うわさのカム・トゥ・ハワイ

うれしいね、これ。↓
*引用*
*この度Seesaaブログにおいて、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と許諾契約を締結し、JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能となりましたので、お知らせいたします。
これにより、Seesaaブログを利用するユーザー様がJASRACと個別に許諾契約を締結し、使用料を支払うことなくブログ中にJASRAC管理楽曲の歌詞を掲載することができるようになります。
なお、以下のような行為については、引き続き禁止とさせていただきます。
・商用利用目的等で歌詞を大量に掲載する、歌詞閲覧ブログとみなせるブログを作成する行為
・歌詞を変更、改変するなどし、替え歌や訳詞にして掲載する行為 *


歌詞がすてきなのに、なんとなーくよくわからない著作権というのが恐くって、引用できなかったんですよね。
外国でしか出してないものとか、別の管理会社のものはまた別なんでしょうけれど。
難しい。
…て、これはJASRACマークが入っていたレコード。

ザ・ナンバーワン・バンド(小林克也)/ もも (1982)

当時まだラップは目新しかった。
(日本での先人、「川上音二郎さんのおっぺけぺー節」とか、河内音頭やトニー谷さんなどは横に置いといて)


70年代後半にスネークマンショーなどで若者に人気のあったDJの小林克也さんが、音楽プロデューサー佐藤輝夫さんなどと作ったザ・ナンバーワン・バンド。
何枚も出していたようです。

当時ラジオで掛かっていた「うわさのカム・トゥ・ハワイ」が入っているアルバムは、この「もも(LP/1982, CD/2004)」と「ももんこ(1993)」

「もも」の方には、もう一つJB風の名曲「ケンタッキーの東」も入っているんで断然おいしい。(個人の感想です)



うわさのカム・トゥ・ハワイのクレジットはこのようになっていました。
vocal: Katsuya Kobayashi
drums: Akihiko Narita 成田 昭彦
bass: Greg Lee
Keyboards: Sakae Fukamachi 深町栄 / Izumi"Mimi" Kobayashi 小林泉美
guitar: Teruo Sato 佐藤輝夫
chorus: Ponta, Mari, Ryoko&Yumi(JOQR DJ Girls)

日系3世がおじいちゃんを紹介するよ、って言って、ハワイに移民して懸命に働いたおじいちゃんが自己紹介してるという設定の歌。 広島と熊本からの移民が多かったそうです。
その最後の方の歌詞;
メニーメニーエアプレイン 日の丸エアプレイン
ジャパンのの真珠湾の 攻撃だったんじゃ
その夜のの わしらはの ふとんでないたんじゃ
ハワイは平和なアイランド、フラワーアイランド
ブーゲンビリア、ハイビスカス、プリティジンジャーレイ 

来んしゃい来んしゃいハワイに来んしゃい
わしらはみんな広島じゃけん
inside outside seaside hillside
we are all fula fula shakin'

Come to Hawaii


IMG_7136 (270x261).jpg

真珠湾攻撃1941年12月8日(日本時間)の日に聞きたい名曲名盤であります。
Youtubeにもあると思いますので捜してみて下さい。


明日はこんなライブもありますよん。
2014年12月8日(月) 虎・トラ・寅
新宿URGA
Open 18:30 / Start 19:00
Ticket: adv.¥3000 / at door.¥3500 (+1drink)

■佐渡山豊
■石塚俊明
■林栄一
■火取ゆき
■石井正夫
posted by cherryco at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード CD | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

DJ Frank Gossner Japan Tour 2014

う~ん、こっちも聞きたい!!
某Disk Union の受け売りっす。
アフロファンクのお好きな方はチェックしてみてね。
voodoo%20funk[1].jpg

世界最強のアフロ・ヴァイナル・ディガー!
VOODOO FUNK in JAPAN
DJ Frank Gossner Japan Tour 2014

AFRO POP DISC GUIDE featuring VOODOO FUNK
10月13日(月曜日) 新宿 BE-WAVE B1F

Charge \2,000
Open 18:00
 〜
ビースティー・ボーイズ、DJシャドウ、Q-ティップも夢中になったアフリカン・レア・グルーヴ最強のコレクターにして最高のDJ、フランク・ゴスナーがついに日本にやってくる!
未知のアフロ・グルーヴを求めてアフリカへと渡り、ひたすらレコードを掘り続けること3年! その熱病にかかったかのようなレコード・ハンティングの様子と40時間に及ぶミックス音源をアップしたブログ『VOODOO FUNK』が与えた衝撃は、DJやレコード・コレクター、マニアックな辺境音楽ファンに留まらず、ファンク系ミュージシャンやクラブ系のサウンド・クリエイターにまで及ぶ。
アフロ・ファンク〜アフロビート〜アフロ・ブギー...辺境現地ディグの火付け役であり、現在のトロピカル・ミュージック〜ファンク・シーンにも多大な影響を与えたレジェンドの、遅すぎる初来日!
来日に合わせて『VOODOO FUNK 45 COLLECTION』リリース予定! VOODOO FUNKが7インチ・オンリーでリイシューした西アフリカのローカル・ヒーローらによる驚愕のアフロ・ファンク音源を世界初CD化!
DJフランク・ゴスナーが今回の日本ツアーのために特別にミックスしたCD-Rも発売予定! どこでも聴けない最新ディスカヴァリー音源も収録! 『AFRp FUNK 45』編&『AFRO BOOGIE & DISCO』編の2枚を同時リリース予定。
『VOODOO FUNK in JAPAN』オフィシャル・サイトをチェック! イベントの詳細、日本企画CDのリリース情報、サポートDJによるミックスやレコード紹介、アフロ・ファンク〜アフロビート〜アフロ・ブギーに関する最新情報が満載!

http://soulbonanza.com/voodoofunk/


posted by cherryco at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード CD | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。